更新日:2019/02/12

 Windows 10 October 2018 Update (Ver.1809)における
 キャプチャ制御に関するお知らせとお願い

 

平素より格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

ご利用ユーザ様にてご使用いただいております HGSEALEDシリーズ製品ですが、Windows 10 October 2018
Update (Ver.1809)に機能更新されましたPCにおいて、キャプチャソフトを起動していないにも関わらず、
キャプチャ制御がかかってしまう事例について、今までに複数のお問合せをいただいております。

本件、弊社で調査しましたところ、Windows 10 October 2018 Update (Ver.1809)では、PC起動時にSkypeの
プロセスである「SkypeApp.exe」が自動的に起動されることを確認しており、こちらがHGSEALEDシリーズ製品
のキャプチャ制御対象であるプロセスであることから、事象が発生していることを確認いたしました。

誠に申し訳ございませんが、現在HGSEALEDシリーズ製品では、Windows 10 October 2018 Update (Ver.1809)
に対応したバージョンがまだリリースされておりません。そのため、ご利用ユーザ様におかれましては、
Windows 10が機能更新されましても、アップデートをお控えいただくよう、お願い申し上げます。

尚、すでにWindows 10 October 2018 Update (Ver.1809)へバージョンアップを完了した環境でキャプチャ制御が
かかってしまう場合は、お手数をおかけいたしますが以下のいずれかの対応をお願いできますでしょうか。


【対応1】

 Windows 10でアップデートした機能更新プログラムをアンインストールしていただき、以前動作していた
 バージョンまで戻していただけますでしょうか。
 尚、Windows 10を以前のバージョンに戻す方法、およびWindows 10に関するご質問等につきましては、
 該当PCのメーカーのサポート窓口へお問合せください。


【対応2】 動作保証外:対応1が実施できない場合のみご対応ください

 弊社製品がWindows 10 October 2018 Update (Ver.1809)に未対応ですので動作保証外とはなりますが、
 対応1が実施できない場合は、HGSEALEDシリーズ製品をご利用いただく場合に、「SkypeApp.exe」を
 終了することで暫定的にご対応いただけますでしょうか。

 尚、「SkypeApp.exe」は、PCを起動する度に自動起動いたしますので、本終了手順もPC起動ごとに
 実行をお願いいたします。


 《SkypeApp.exeの終了手順》

  1. 事象発生PCに管理者アカウントでログオンしてください。
  2. 画面下方のタスクバーを右クリックし、「タスクマネージャー」を起動してください。

  3. 「タスクマネージャー」ダイアログの左下にあります「詳細」ボタンを押して、詳細表示にしてください。

  4. 「詳細」タブを選択しますと現在起動しているプロセスの一覧が表示されます。

  5. プロセスの一覧から「SkypeApp.exe」を選択し、ダイアログ右下に「タスクの終了」ボタンがありますので、
    ボタンを押して「SkypeApp.exe」を終了してください。  ※間違えて他のプロセスを終了しないようにお願いします。

  6. キャプチャ制御が解除されるか、ご確認いただけますでしょうか。



本件に関するお問合せは下記まで、ご連絡をお願いいたします。
今後ともご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。


[お問合せ先]
(株)ハイパーセキュア サポート担当

TEL:03-5225-6513 / FAX:03-5225-6512

※お問い合わせ際には、お手数ですがお客様の会社名、ご担当者様名を
 お伝え頂きますようお願い致します。



 Copyright 2007 HyperSECURE, Inc. All Rights Reserved 個人情報保護ポリシーについて